シャンソン歌手。青森県出身。1963年シャンソンのメッカ銀巴里にてデビュー。

コラ・ヴォケール、バルバラ、グレコなどのレパートリーを得意としています。

コンサート、ディナーショー、シャンソニエ等に出演され、また読売・日本テレビ文化センターで講師もされていて、数多くの生徒さんに親しまれています。

私がはじめて花田和子さんの歌に出会ったのは2004年の秋でした。たまたま知り合いの方からお誘いをうけて伺ったコンサート。
私の心にはいまだにそのときの感動が残っています。次第に優しい気持ちに包まれていった私は、少し涙してしまったほどです。



――清潔感漂う気品――そういったものを私は花田さんに感じました。
人の心を語るシャンソンをこんなにもエレガントに表現してしまう感性。のびやかな情感のなかに漂うどこかきちんとした品格。
聴き終えたあとのすがすがしさ。そのすべてがとても心地よく幸せな気持ちにさせてくれます。
今回第1回目のゲストに花田さんをお呼びいたしましたのは、そういった花田さんの世界がきっと私だけではなく、たくさんの方々にも感じていただけるものと信じたからです。


三浦高広  ピアニスト






広島県出身 桐朋学園大学音楽学部演奏学科(ピアノ専攻)卒業
クラシック活動の後、ヨーロッパ音楽を中心としたポピュラー音楽にも進出。シャンソン、カンツォーネを中心に、クラシックからロシア音楽、フラメンコまで、ジャンルを越えて数々のコンサート、録音、ライブハウス出演等、活躍中。センシティブなアレンジとダイナミックな演奏で定評を得ている。


堀内茂雄  チェリスト 東京藝術大学在学中よりクラシックの場で演奏活動を始めたが、その空気に違和感を感じ、以来スタジオミュージシャンとして様々なジャンルで活躍し、今日に至る。